備忘録:ゆっくり前へ

弱気になる日々を支えてもらった話です。漫画1pです。

絵に関しては何度か日記に書いていますが、一人で白いキャンバスを前にしたときに、何も考えられなくなる感じがします。

できないわけじゃなくて、目的があればそれらしいものは描けるのですが、

自由に、好きなように…となると何にも浮かばない。

予備校時代や大学時代にもなっていたので、懐かしい感覚ですけれども。

らくがきですらこんなふうになるのはちょっと怖い感じです。らくがきだったら昔は永遠に描けたのに、うんともすんとも。

手癖でハンコ絵を描くのが精一杯。何か見ながらならかけるけど、何を描くかが決められない。

手がすくんでます。

逃げているんだろうな〜。

でも、きっと大丈夫です。なんとかなると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました